日本事務機器新聞に掲載されました「入力作業に革命を OCR活用サービス高精度で文字認識」
ニュースイッチに掲載されました「職場からデータ入力という作業が無くなる日」

記事はこちらからご覧いただけます。

マイナビニュースに掲載されました。

AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」…

経済界9月6日号(8月23日発行)「特集:AIが変える仕事の現場 働き方革命」に掲載されました。

こちらから経済界の目次がご確認いただけます。 手書き文字読取サービスで…

日刊自動車新聞に掲載されました。
住宅新報8月2・9日号に掲載されました。
週刊通販新聞に掲載されました。
7/13(水)~15(金)「総務・人事・経理ワールド2016 ワークスタイル変革EXPO」出展のお知らせ

この度、7/13(水)~15(金)に開催される「総務・人事・経理ワール…

週刊全国賃貸住宅新聞に掲載されました。
「2016Japan IT Week春 ビッグデータ活用展」に出展しました

5/11(水)~13(金)に東京ビッグサイトにて開催された「2016J…

AI insideのポイント

導入のための設備投資は不要

導入のための設備投資は不要

書類の読み込み方法は、お使いの複合機でのスキャン、FAXでの送信、カメラでの撮影、スキャナなど利用可能。テキストデータの出力形式は、CSVやテキストファイル、Excelなど、貴社のご要望に合わせ、多種に対応可能。

社内にたくさんある紙の書類を

社内にたくさんある紙の書類を

どんな書類・フォーマットでも対応可能。申込書やアンケートなど、既存の書式形式のままで利用可能。PDFデータからのテキストデータ化も可能OCR専用帳票不要。

読み込み・データ化の枚数に上限なく、こなせる絶対量はほぼ無限

読み込み・データ化の枚数に上限なく、こなせる絶対量はほぼ無限

繁忙期や閑散期のバラつきのストレスの解消。成長過程におけるオペレーター雇用が不要
オペレーターの採用・教育のコストと時間の激減。

入力に人の手を介さないので安心

入力に人の手を介さないので安心

セキュリティ管理や情報漏洩などのリスクに対する強化。

お問い合わせ>

業務改善の効率

「従業員の時間」という限りある財産

「従業員の時間」という限りある財産。

1日は24時間。その中で仕事に使える時間は限られていて、できる仕事の量も限られています。企業活動の全ては従業員の時間から生み出されるものであり、その時間は限りある貴重な財産と言えます。

しかし社内には、「できることなら、この作業時間をもっと他の仕事に使って欲しいのに…」「誰かに任せることができたら、もっと楽になるのになぁ…」という、時間という貴重な財産を浪費してしまう、そんな仕事が溢れています。 その最たるものが「データ入力」という単純作業。誰がやってもいい仕事だけど、無くしてしまうことはできない。他の誰かに…誰にやらせるの?そのジレンマは消えません。

かけるしかないと思っていた『時間』が不要になる。

「誰かがやらなければならない」 その誰かが『人』ではなくなるとしたら?

誰でもいいけれども、誰かがやらないといけない。そう思っていた作業を誰もやる必要がなくなれば、従業員の時間は新しい価値を生むために使える時間として、輝きを取り戻すことができます。           

代打は『人工知能』 浪費する時間はゼロに。処理能力はほぼ無限大。

これまでは不可能だった高精度認識での「手書き文字」読取。

従来のOCRサービスでは、実用レベルで手書き文字を読み取ることはできず、結果として「人」が入力し、デジタルデータ化するしかありませんでした。 しかし、『AI inside』によって人工知能が人間の代わりを果たす時代がやってきました。

入力 ・コスト高の入力業務
・減らない入力ミス
コスト削減 & 精度アップ
人材 ・継続して発生する採用・教育コスト
・手間のかかるオペレーションフォロー
不要に
リスク ・人の介在により高まる セキュリティリスク
・増え続ける情報量と管理リスク
セキュリティ強化 & リスク激減
お問い合わせ>

精度99.89%の人工知能OCRとは

精度99.89%の人工知能OCRとは

入力はもう要らない。必要なのは「スキャンする」だけ。

『AI inside』は、文書をスキャンし画像データにして送るだけ。

あとは自動的に、人工知能『 Neural X 』があなたの代わりに文字を読み取り、テキストデータに変換します。

読み取り精度は99.89%

『AI inside』の文字読み取り精度は驚異の99.89%

その高精度の秘密は、長年積み重ねた研究開発による自然言語処理でまるで「人間のように読むこと」

お問い合わせ>

活用方法と導入事例

①社内にある既存書式の文書のデータ入力を自動化

既に社内にある手書き書類で、現在はスタッフがデータ入力を行っていたり、外注して いる作業をAI insideを活用し自動化します。

例) 入会申込書、セミナー申込用紙、発注書、注文票 等

②ライン部門の負担軽減(付帯工数の削減)

営業など、ライン部門が自分で入力したり、部分的にデータ化をしていた作業を、全社でま とめてAI insideでデータ化することによって、ライン部門の時間的な負担を軽減し、付帯工 数を減らすことで生産性を高めます。

例) 顧客データの入力、業務日報・面談録からの情報抜粋、メディア媒体出稿の原稿 等

③管理部門の生産性向上

社内管理上、必須となる情報で、今までは紙で回収・補完していたり、必要な箇所のみ 抜粋し別の書類に転記するなど、管理部門には帳票、提出書類があります。

必要な情報をあらかじめデータ化することにより、何度も同じ手間をかけることを省いた り、繰り返しの単純作業を簡略化し、作業効率や生産性を高めます。

例) 社内の書類、労務関連の申請書、入社関連書類 等

④新たな情報を取得し、情報資産(ビッグデータ)を獲得する

本来、自社の顧客構造を有効に活用することが出来れば、ビッグデータとしてマーケティ ングへの活用や、顧客の分析などに使える貴重な情報が眠っています。これまでは、調査 すれば役に立つと分かっていながらも、集計や入力する手間と天秤にかけて断念していた ようなアンケートなども、AIによってデータ入力作業が自動化されることを前提とするこ とができれば、可能性は飛躍的に広がっていきます。

例) 既存顧客へのアンケート調査、見込み客の属性分析、採用応募者の分析 等

入力スタッフ数が10名 → 5名に!
業種:金融・法人サービス
社名:株式会社インサイト様

繁忙期は、処理に係る人員が不足し他部署の協力が必要でした。
それがAI inside導入後、繁忙期の残業時間が50時間減り、業務もスムーズになりました。

増え続ける書類枚数に入力自動化で対応!
業種:サッカースクール
法人名: 一般社団法人 日本スポーツインストラクター協会様

スクール立ち上げ時には事務スタッフが手入力していましたが、教室や入会生徒数が急速に増えてきたので、事務処理が間に合わなくなっていました。データ入力が自動化されたことで他に時間を使うことができ、事務処理が滞ることが無くなりました。

お問い合わせ>

会社概要

会社名
AI insideマーケティング株式会社
所在地
東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階
TEL
電話:03-5908-1415
役員
  • 取締役会長 石川 淳悦
  • 代表取締役 永田純一郎
  • 取締役 小林 裕
  • 取締役 東亭 涼
  • 取締役 鈴木 咲紀子